Renovation

HEADLINE

階段

家族にあった最適な住まい

島根のリフォームの魅力とは、その時々の家族にとって最適な住まいを実現できる…

»readmore
寝室

賃貸で探す素敵なリフォーム物件

島根でバブル期に多く建てられたアパートやマンションなどの賃貸住宅。現代の私…

»readmore
リビング

失敗しないリフォーム業者の見つけ方

島根のリフォームにも色々ありますが、例えば浴室、トイレ、壁紙の替え等、限ら…

»readmore

リフォームをお願いする業者さんについて

島根でリフォームをお考えの方は多いと思います。特に台所や洗面台といった消耗の激しい水回り部分が多いのかなと思います。また、その場合の主導権はどうしても女性、奥さんがとる場合も多いようになります。デザイン性を重視する場合も多いかもしれません。
この場合のおすすめはやはり、使い勝手のよさです。実際に長い時間、生活の中で使うわけですから、デザイン性もさることながら、使いやすさという面にもしっかり目を向ける必要があります。そこで助けになるのは既に使っている人からのアドバイスです。業者さんに紹介してもらうなりして、可能ならば自分の希望に近い形のものを実際に使っている方に見せてもらったり、使い勝手を聞いたりすることが一番いいのかなと思います。なかなかショールームだけでは日常の使い心地や気になる点は分かりません。リフォームの大事なポイントだと思います。
もう一つは島根の業者さん選びです。大手の業者さんもいいかもしれませんが、近所の顔見知りの業者さんも捨てがたいです。何かあったときにはすぐに相談にのってもらえますし、細かい要望にも応えてくれます。日頃から関係をつないでおいたうえで島根でリフォームをお願いすると価格面でもずいぶん助けてくれると思います。

エコリフォームに対する支援について

現在島根でお風呂のリフォームを検討中にて約3か月程度が経過いたしました。色々な下調べをしていくうちに島根の住宅ストック循環支援事業についてという広告を目にするにいたりました。早期に、見積と契約を進めていたら見落としていた国の補助事業だと思います。
見積をお願いするとき「お風呂の見積をお願いします」というだけだと案内等全くないままとなりますが、「節水型の給湯器も検討して国の補助も受けたいと考えている」とじっくりリフォーム業者様と打ち合わせしていかないといけなくて慎重な行動が求められると思います。リフォーム業者様との打ち合わせの際に今後お風呂以外でも注意したいことが他にもありました。
第一と致しまして国の支援事業は自己の知らないところで色々ある可能性があることを意識すべきと感じました。例えば今回の島根でお風呂のリフォームを機会として知ることができたこととして条件をクリアすると窓の設置でも国補助が受けられるケースがあるようです。
第二と致しまして設備の老朽化について自己関心をはからなくてならない点です。今回の経験では高断熱浴槽と節水給水栓だけでは条件がクリアできていませんでしたが給湯器が老朽化しているという点を踏まえ、法令に関心を持つと業者様との話し合いはスムーズになりました。国の補助施策について指摘がなかったのはともかく周辺設備の老朽化についての指摘もなかったのはとても残念でなりません。

リフォームで快適

島根で家を新築した時にハウスメーカーの担当者から10年後くらいにはリフォームをお勧めしますと言われ、そんなに早く?と思いましたが、実際住んでみて10年も経過すると水回りが特に汚れが目立ち確かに10年は目安かなと思いました。かといって水回りはリフォームの中でも費用が掛かる場所なので、簡単には決められませんでした。新築から15年ほど経った頃、同居している母親が浴室の段差につまずきそうになってから自分達のためにもバリアフリーを兼ね洗面所と浴室のリフォームをしようと決めました。
新築時にメーカー担当者から、浴室はユニットバスなので島根のリフォームの際は工事が楽ですと言われていましたが確かにそうでした。工事期間は2週間ぐらいでしたが入浴できない日数は5日くらいで、それを見越して涼しい時期に工事をお願いしたので入浴施設に通ったりして対応しました。15年も経つと新しい施工技術と機能が出来て、島根でのリフォーム後は快適な入浴生活を送ることができました。
ただ水回りはどうしても汚れやカビが発生しやすいので、せっかくきれいになったのだからと常に気を使っています。浴室が快適になると家の中の他の場所の汚れや傷が気になってきて、今は無理かもしれませんがいずれキッチンをリフォームしたいと思っています。

PICK UP